親子の情愛を描いた人情噺の名作で、五代目圓楽十八番中の十八番。腰元彫りの名人・浜野矩康の跡を継いだ息子・矩随。しかし、あまりにも未熟な二代目に対する世間の風は冷たく、先代からの客だった若狭屋に「下手なものを作るなら死んだほうがよい」と罵倒され矩随は苦悩する。そんな矩随を見た母親は…平成2年2月の“東京落語会”(イイノホール)で長講と銘打って50分を超える熱演を聴かせてくれた、五代目圓楽の落語を代表する貴重な一席。

 

AUDIOBOOK

五代目三遊亭圓楽

三遊亭圓楽「浜野矩随」

  • NSCR-enra07
  • CD発売日:
  • 親子の情愛を描いた人情噺の名作で、五代目圓楽十八番中の十八番。腰元彫りの名人・浜野矩康の跡を継いだ息子・矩随。しかし、あまりにも未熟な二代目に対する世間の風は冷たく、先代からの客だった若狭屋に「下手なものを作るなら死んだほうがよい」と罵倒され矩随は苦悩する。そんな矩随を見た母親は…平成2年2月の“東京落語会”(イイノホール)で長講と銘打って50分を超える熱演を聴かせてくれた、五代目圓楽の落語を代表する貴重な一席。