記事掲載、コンテンツ配信
GOODS委託販売、中古品買取
アプリ開発、広告掲載など

お問い合わせ、ご意見ご要望は
こちらからご連絡下さい。

クリムゾンテクノロジー株式会社
東京都公安委員会許可番号
第303311306198号

AUDIOBOOK NEWS

  • リスニングを軸に、「耳」から英語の基礎力を鍛えます

    本コンテンツは、NHKのラジオ講座「基礎英語2」2016年10月後半の放送内容を、繰り返し学習用に番組のポイントを再構成した月刊CDの音声をそのまま収録したものです。
    今年度の「基礎英語2」は2日で1セット。ひとつのストーリーを2日間かけて多角的に聞きます。重要な表現や文法を学び、「英語でできること(CAN-DO)」が増える喜びを実感してください。
    ストーリーの舞台は、とある中学校の演劇部。個性豊かな部員たちが最高の演劇を作り上げるために奮闘する、ワクワクドキドキの青春物語です。たくさんの英語を聞き、音読を繰り返し、コミュニケーションに役立つ英語力を磨きましょう!

    ※CD特典「リスニングトライアル」を収録しています。
    ※このコンテンツは、放送テキストとあわせてご利用ください。(放送テキストの販売期間は、発売後最長10か月です)
    テキスト購入先:NHK出版http://nhktext.jp
    ※なお、この音声コンテンツの販売期間は発売後1年間です。

  • ナチュラルな日常表現が楽しみながら身につく。

    • 遠山顕
    • NHK「ラジオ英会話」2016.10月号 (上)
    • GBF-1610A

    本コンテンツは、NHKのラジオ講座「ラジオ英会話」の2016年10月放送分前半の内容をコンパクトにまとめた月刊CDの音声をそのまま収録したものです。
    日常生活のさまざまな場面で役立つ英語の語彙・表現を学ぶ講座です。月替わりのテーマに沿ったダイアログや、疑似CM、ニュース、「英会話リテラシー」など、バラエティーに富んだ内容で、英会話の技術やコツを楽しく習得します。CD特典として、「今月の重要表現まとめ聴き」を収録しています。

  • CAN-DOとコーパス情報で、効率よく英語を学びます!

    本コンテンツは、NHKのラジオ講座「基礎英語3」2016年10月前半の放送内容を、繰り返し学習用に番組のポイントを再構成した月刊CDの音声をそのまま収録したものです。
    基礎英語共通のCAN-DOを中心に、「基礎1」「基礎2」レベルの復習と「基礎3」レベルのCAN-DOや文法をバランスよく練習。コーパス分析による便利な活用情報も取り入れ、よく使うフレーズを効率よく学びます。
    ストーリーの舞台は近未来の東京。ちょっと気弱な主人公のユキチやクラスメイト、通訳ロボットのロボコーパスたちが繰り広げるほんわかした日常を題材に、「英語でできること」を増やしていきます。

    ※このコンテンツは、放送テキストとあわせてご利用ください。(放送テキストの販売期間は、発売後最長10か月です)
    テキスト購入先:NHK出版http://nhktext.jp
    ※なお、この音声コンテンツの販売期間は発売後1年間です。

  • ナチュラルな日常表現が楽しみながら身につく。

    • 遠山顕
    • NHK「ラジオ英会話」2016.10月号 (下)
    • GBF-1610B

    本コンテンツは、NHKのラジオ講座「ラジオ英会話」の2016年10月放送分後半の内容をコンパクトにまとめた月刊CDの音声をそのまま収録したものです。
    日常生活のさまざまな場面で役立つ英語の語彙・表現を学ぶ講座です。月替わりのテーマに沿ったダイアログや、疑似CM、ニュース、「英会話リテラシー」など、バラエティーに富んだ内容で、英会話の技術やコツを楽しく習得します。
    CD特典として、「今月のSay It!表現まとめ聴き」「今月のダイアログまとめ聴き」を収録しています。

    ※このコンテンツは、放送テキストとあわせてご利用ください。(放送テキストの販売期間は、発売後最長10か月です)
    テキスト購入先:NHK出版http://nhktext.jp
    ※なお、この音声コンテンツの販売期間は発売後1年間です。

  • CAN-DOとコーパス情報で、効率よく英語を学びます!

    本コンテンツは、NHKのラジオ講座「基礎英語3」2016年10月後半の放送内容を、繰り返し学習用に番組のポイントを再構成した月刊CDの音声をそのまま収録したものです。
    基礎英語共通のCAN-DOを中心に、「基礎1」「基礎2」レベルの復習と「基礎3」レベルのCAN-DOや文法をバランスよく練習。コーパス分析による便利な活用情報も取り入れ、よく使うフレーズを効率よく学びます。
    ストーリーの舞台は近未来の東京。ちょっと気弱な主人公のユキチやクラスメイト、通訳ロボットのロボコーパスたちが繰り広げるほんわかした日常を題材に、「英語でできること」を増やしていきます。

    ※CD特典「MONTHLY CORPUS PHRASES」を収録。「ロボコーパスの使えるコーパス情報」で学んだ内容を復習しながら、音読練習もします。
    ※このコンテンツは、放送テキストとあわせてご利用ください。(放送テキストの販売期間は、発売後最長10か月です)
    テキスト購入先:NHK出版http://nhktext.jp
    ※なお、この音声コンテンツの販売期間は発売後1年間です。

  • 【解説】宮沢賢治の作品より「雪わたり」「黄色のトマト」「貝の日」の3点を収録。

    • 宮沢賢治
    • 【朗読】wisの宮沢賢治④「雪わたり/黄色のトマト/貝の火」
    • 配信専用

    【解説】宮沢賢治の作品より「雪わたり」「黄色のトマト」「貝の日」の3点を収録。

  • 【解説】坂口安吾の「アンゴウ」は、安吾としては異色の作品で、推理小説仕立てになっている。終戦間もなく、復員してきた矢島は神田の古本屋でなじみのある上代史の本をみつけ、思わず入手した。それは親友の神尾の蔵書だったが、そこになぜが女手によると思われる男女の密会を想像させる暗号らしき紙片がはさまっていた。しかも、それが自分の勤務先だった出版社の罫紙だったことから、矢島は疑念を募らせていくのだが・・・。

    • 坂口安吾
    • 【朗読】wisの坂口安吾①「アンゴウ」
    • 配信専用

    【解説】坂口安吾の「アンゴウ」は、安吾としては異色の作品で、推理小説仕立てになっている。終戦間もなく、復員してきた矢島は神田の古本屋でなじみのある上代史の本をみつけ、思わず入手した。それは親友の神尾の蔵書だったが、そこになぜが女手によると思われる男女の密会を想像させる暗号らしき紙片がはさまっていた。しかも、それが自分の勤務先だった出版社の罫紙だったことから、矢島は疑念を募らせていくのだが・・・。

  • 【解説】『美しい村』は、軽井沢の高原の村を舞台にした堀辰雄自身が反映された小説家が主人公とした小説で、失恋をして傷心の「私」がやがて少女との愛を育むに至る物語。 「私」は、女性との不幸な別れの痛手を癒すために、年少時に遊んだK村でいろいろな散歩道を歩き、その穏やかで見慣れた風景に心を休めていた。そして、そこでの牧歌的な物語を書こうとしていたのだが、ある時、向日葵のような少女と出会い、惹きつけられてしまった。彼女は毎朝いつも絵具箱をかかえて出かけていたが、やがて会話をまじわすようになり、腕を組むほどになった。こうして、この少女との出会いを軸にした小説を書くことにし、きた時の恋愛の傷心は自然と癒されていった。この少女のモデルが、のちに堀の婚約者となり、『風立ちぬ』のヒロインとなる矢野綾子である。軽井沢を舞台にした物語は、そのまま『風立ちぬ』の世界へとつながっていく。高原の澄み切った空気を感じさせる堀辰雄独特の世界である。『馬車を待つ間』は、山間の温泉宿に生まれてはじめての一人旅に出かけた「私」は、躑躅の花、宿の娘との会話、宿の素朴な女中たちの世話などで、旅愁が少しずつ癒えていくという短編。『窓』は、絵の恩師A氏の遺作展覧会に氏がもっとも愛した「窓」という作品を出品してもらうため、その所有者である夫人の別荘を訪れた際にわかった意外な展開を描く小品。

    • 堀辰雄
    • 【朗読】wisの堀辰雄①「美しい村/馬車を待つ間/窓」
    • 配信専用

    【解説】『美しい村』は、軽井沢の高原の村を舞台にした堀辰雄自身が反映された小説家が主人公とした小説で、失恋をして傷心の「私」がやがて少女との愛を育むに至る物語。 「私」は、女性との不幸な別れの痛手を癒すために、年少時に遊んだK村でいろいろな散歩道を歩き、その穏やかで見慣れた風景に心を休めていた。そして、そこでの牧歌的な物語を書こうとしていたのだが、ある時、向日葵のような少女と出会い、惹きつけられてしまった。彼女は毎朝いつも絵具箱をかかえて出かけていたが、やがて会話をまじわすようになり、腕を組むほどになった。こうして、この少女との出会いを軸にした小説を書くことにし、きた時の恋愛の傷心は自然と癒されていった。この少女のモデルが、のちに堀の婚約者となり、『風立ちぬ』のヒロインとなる矢野綾子である。軽井沢を舞台にした物語は、そのまま『風立ちぬ』の世界へとつながっていく。高原の澄み切った空気を感じさせる堀辰雄独特の世界である。『馬車を待つ間』は、山間の温泉宿に生まれてはじめての一人旅に出かけた「私」は、躑躅の花、宿の娘との会話、宿の素朴な女中たちの世話などで、旅愁が少しずつ癒えていくという短編。『窓』は、絵の恩師A氏の遺作展覧会に氏がもっとも愛した「窓」という作品を出品してもらうため、その所有者である夫人の別荘を訪れた際にわかった意外な展開を描く小品。

  • 君江のパトロンで執着心を募らせる新進作家の清岡は、君江が自分がパトロンであることをさして有難く思いもせず、他の男たちとも付き合って愉快そうに毎日を過ごしていることにが気に入らず、様々な嫌がらせをする。他方、清岡の妻の鶴子は、教養があって慎み深い女性で、清岡の父からは同情を持って労わられていたが、にわかに渡仏の話が持ち上がり、数日のうちに行ってしまう。清岡は酒浸りの日々が続き、君江可愛さが憎さに転じ、復讐のために更に思案を練る。それを密かに知らされた君江は、もう故郷に戻ろうかと思うあぐねる。そんな矢先、京子の元旦那の川島と再会するのだが・・・。

    • 永井荷風
    • 【朗読】永井荷風「つゆのあとさき(下)」(響林せいじ:高性能合成音声作品)
    • 配信専用

    君江のパトロンで執着心を募らせる新進作家の清岡は、君江が自分がパトロンであることをさして有難く思いもせず、他の男たちとも付き合って愉快そうに毎日を過ごしていることにが気に入らず、様々な嫌がらせをする。他方、清岡の妻の鶴子は、教養があって慎み深い女性で、清岡の父からは同情を持って労わられていたが、にわかに渡仏の話が持ち上がり、数日のうちに行ってしまう。清岡は酒浸りの日々が続き、君江可愛さが憎さに転じ、復讐のために更に思案を練る。それを密かに知らされた君江は、もう故郷に戻ろうかと思うあぐねる。そんな矢先、京子の元旦那の川島と再会するのだが・・・。

  • 「桜島」は、梅崎春生が終戦後の1946年に発表し、新進作家として注目された作品であるが、徴兵を受け、鹿児島県の桜島で暗号兵として敗戦を迎えた時の体験が反映されている。戦争末期、沖縄が陥ち、米軍の本土上陸必至と予想され、グラマンの空襲も受けるようになった桜島の海軍通信基地での勤務の中での、緊張感、焦燥や絶望、虚無的な人間模様を描く。

    • 梅崎春生
    • 【朗読】梅崎春生「桜島」」(響林せいじ:高性能合成音声作品)
    • 配信専用

    「桜島」は、梅崎春生が終戦後の1946年に発表し、新進作家として注目された作品であるが、徴兵を受け、鹿児島県の桜島で暗号兵として敗戦を迎えた時の体験が反映されている。戦争末期、沖縄が陥ち、米軍の本土上陸必至と予想され、グラマンの空襲も受けるようになった桜島の海軍通信基地での勤務の中での、緊張感、焦燥や絶望、虚無的な人間模様を描く。

  • 大正15年1~5月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 湖畔亭事件 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 25

    大正15年1~5月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 大正15年1~11月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 闇に蠢く 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 26

    大正15年1~11月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和4年6~7月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    昭和4年6~7月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和3年8~10月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    昭和3年8~10月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和13年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 妖怪博士 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 73-1

    昭和13年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和35年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    昭和35年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和4年1月~5年2月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 孤島の鬼 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 42

    昭和4年1月~5年2月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和9年1~11月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 黒蜥蜴 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 63-1

    昭和9年1~11月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 昭和28年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

    • 江戸川乱歩
    • 宇宙怪人 江戸川乱歩(合成音声による朗読)
    • 85

    昭和28年1~12月発表作品。この作品は、合成音声による朗読です。近年、合成音声にも技術の進歩がもたらされました。従来、合成音声といえば「コ・ン・ニ・チ・ワ」といった風に、如何にもツギハギな発音でした。この作品では、自然な発音に近いというだけではなく、江戸川乱歩の、あのオドロオドロしい、ミステリアスな世界観に近づくよう、調整を施しました。乱歩の妖しい世界を、耳でお楽しみください。

  • 挫折しても、大丈夫。つきまとう不安が自分を強くする。――元宝塚トップスター柚希礼音。幼いころ内気だった彼女が、6年間もトップを務めるまでになった過程とは。宝塚での経験を織り交ぜながら、次の扉を開くための「心の整え方」「コミュニケーションする力」「生き方」を伝えます。宝塚退団後初の著書「夢をかなえるために、私がやってきた5つのこと」(KADOKAWA)をダイジェストにして、オーディオブック化しました。

    挫折しても、大丈夫。つきまとう不安が自分を強くする。――
    元宝塚トップスター柚希礼音。幼いころ内気だった彼女が、6年間もトップを務めるまでになった過程とは。宝塚での経験を織り交ぜながら、次の扉を開くための「心の整え方」「コミュニケーションする力」「生き方」を伝えます。宝塚退団後初の著書「夢をかなえるために、私がやってきた5つのこと」(KADOKAWA)をダイジェストにして、オーディオブック化しました。