記事掲載、コンテンツ配信
GOODS委託販売、中古品買取
アプリ開発、広告掲載など

お問い合わせ、ご意見ご要望は
こちらからご連絡下さい。

クリムゾンテクノロジー株式会社
東京都公安委員会許可番号
第303311306198号

MUSIC J-pop LIST

  • BS-TBS「湘南タイム」テーマ曲(2015年4月~)収録

    海外ウクレレ・フェスでも注目の京都発ウクレレとギターのデュオ

  • 2014年に結成、首都圏で活動を行うアコースティックデュオ「3-NOTE」が配信限定でリリースする初のシングルは、何年経っても変わらない想いがこもった楽曲になっている。諦めかけた夢の再開、大切な人との再会…それは新しい自分との再会。想い続ける限り、進み続ける限り、何度でも再会できる。爽快感あふれる曲調とデュオが歌い上げるハーモニーを通じ、必死に頑張る日々、思い通りにいかない日々、迷い悩みを繰り返す日々にこそ聴いてほしい1曲。

    3-NOTEは笹久保慈展、遠藤雅人によるアコースティックデュオ。二人ともボーカル、ギター担当し、それぞれが作詞作曲を行う。学生時代に音楽を通じて出会った二人。社会人になり、諦めかけた音楽の夢を叶えるためアコースティックデュオ「3-NOTE」を結成。社会人として働きながら路上ライブ、動画投稿、作曲等の活動を開始し、メジャーデビューを目指す。二人の想いを乗せた歌声は、掛け算のようなコーラスワークと煌びやかなアコースティックサウンドに重なり聴く人の心に響いてゆく。

  • 「Nijiiro Goblet」(ニジイロ ゴブレット)の1stシングル「Sakura Sakura」。スーパーアレンジャー:ナカムラ タカノリをサポートに迎えて、日本の歌をHappyにCoolにエレクトロニカ・アレンジで踊りだしたくなるサウンドが完成!アンニュイなアンジュの声がオーガニックなヨシロウのギターとドキリとするナカムラ タカノリのトラックの中でふわりと浮きあがるサウンドは中毒性マチガイなし!!!

    「Nijiiro Goblet」(ニジイロ ゴブレット)は、別々のバンドで活躍するVo.アンジュ(Carnations)とGt.ヨシロウ(FUNKIST)のおアソビ・エレクトロニカユニットです。二人の科学反応から描き出す世界は、懐かしさと新しさがミックスした楽しさがあふれてます。海外でのLiveも行うふたりの今後に注目!Vo, アンジュ、2015年7月フランスJapanExpo出演。Gt, ヨシロウ、2015年7月アメリカシカゴ【Japan Day2015】フェス出演。

  • 日常の中で、何かくすぶっていながらその一歩を踏み出す勇気を掴めない。それは、自分の中に眠っている瞬間のキッカケを自分が信じているか、そして、そんな自分のスタイルを貫き通すプライドがあるか。エッジの利いたサウンドの中で、YU-TAが人間の内面にある大切なものを呼び起こすように問いかけるメッセージが、聴く人にも奮起をさせる作品となっている。

    • YU-TA
    • Momentus
    • 配信専用

    都内を中心に活動をしている男性アーティスト「YU-TA」が2014年3作目となるシングルとなる「Get Set Go!」をリリース。日常の中で諦めたり、無理だと投げ出したりしそうになる時に、輝き続けで負けない人を見て、スタートラインはいつも先にあると知る。ゴールは前しかない、いつでも走り出せる、幾つもの明日と可能性が僕を待っている。作品タイトルそのままに、心にスターターピストルの音が弾けて前に走っていく大切さを、アップテンポなロック色をベースとしながら、爽快なアレンジワークも融合したサウンドの中で歌い上げている。

  • 1stフルアルバム!日常の親しみやすい表現を心がけながら、 宇宙の美と調和を伝える為の音楽を探究した作品。

    • 恍多
    • Twice Born
    • SLTCD-0003

    青森県八戸市出身。シンプルな歌詞とメロディーで、人の持つ苦しみや悲しみを解き、挫折を希望に変える「光」をクリエイティブに表現するシンガー・ソング&ライター。TV番組やCMソングなど幅広く活動しながら、全国各地でライブを展開。作詞糸井重里、作曲矢沢永吉のカリフォルニアの西大和小学校の校歌の歌担当。2012年12月19日、ユニバーサルより発売されたアニメソング・ジャズアルバム「MOE JAZZ Vo1、vo2」に参加。20代の頃は旅を通し、アジアやヨーロッパ、欧米や中米の芸術と文化、さまざまな価値観の多様性に触れ感性を磨く。また、男女5歳の双子の母でもあり、日常の親しみやすい表現を心がけながら、 宇宙の美と調和を伝える為の音楽を探究している。

  • ハウスとアンビエント、ボサノバを愛する猿人。ライブではギター、サンプラー、シンセサイザーをループマシンにぶっこんでその場でシェイクしながら歌い、踊る。そこに詩人である父親譲りのリリックスが絡むともう、何じゃこりゃ。ワッタワンダフルワールド!

    2000年より大阪でSOULバンド『Ra'con』のフロントマンとしてvocal/keyを担当し、なにわのSOUL MANとして活発にライブ活動を展開してきたが2014年にバンドは活動を停止。(Ra'conとしてフルアルバムを4枚、ミニアルバムを3枚製作するも流通版は2009年にリリースしたNaked Soul→DQC-343)またバンドと同時に2002年よりオーガナイザーとして大阪のみならず神戸や京都のブラックミュージックを牽引する数々のEventを立ち上げ活動してきたがその活動も2012年にEventも停止。(主なEvent→HOTTEST!、SOUL STOCK、SOUL▲UNITY他多数)他方、バンドと並行してボサノバの弾き語りをバーやEvent、カフェなどで10年活動していたがこれも2014年に休止。(北新地人気バーmiumiuにてレギュラーライブを8年担当、他ボサノバEventなども企画)2014年、全ての活動を止め、満を持して自身の音楽と向き合ってアルバム『micro Macro』を製作した。現在、worldと言うユニットと共に大人のアコースティックEVENTとして『Muddy for Beauty』を立ち上げ、一年に3度のペースで運営しながら色んなアーティストとライブ活動を展開している。

  • “ソロ・ヴォーカリスト・コンテスト番組”と銘打たれたTBSのオーディション番組『Sing!Sing!Sing!』からCD発売!勝ち残ったTOP8メンバーによるコンピレーション・アルバム。TBS番組『Sing!Sing!Sing!』発!コンピ第二弾

  • フジテレビ「憲武 フミヤ ヒロミが行く!キャンピングカー合宿」テーマ曲

    06.13放送のフジテレビ「憲武 フミヤ ヒロミが行く!キャンピングカー合宿」のメインキャスト3人によるスペシャルユニット。

  • 都内にて活動を行っている男性アーティスト「吉野良信」が2015年第2弾となる配信限定シングルをリリース。イメージは「空」。雨という名の涙がこぼれ落ちる空。憂鬱を隠しきれない曇り空。爽快と呼べるほど澄んだ青空。そして、あの人を思い出すあの日の空。人の心は空に似ている。悲しみに濡れてしまった心。出口の見えない灰色に覆われた心。すがすがしく気持ちの晴れた心。そして、心の中で永遠に生き続ける想い。“Music is Beautiful”あの出会いにありがとう、この想いを忘れない。さらに洗練された吉野ワールド!落ち着いた熱いメッセージを感じられる1曲となっている。

    東京生まれ。中学の時、ふと8小節程度の短い歌詞の付いたメロディが突然湧き起こり、音楽の素晴らしさを知る。それをきっかけに漠然とそのメロディを形にすることを想像しながらもなかなか上手くいかず、試行錯誤を繰り返す。高校からは本格的に歌詞を書き始め、自らの歌を録音し、ネット上でアピールするが苦戦の日々が続く。悩んでいたある日、現在所属するレーベルとの出会いがあり、本格的にオリジナル曲の制作を始める。

  • クリフエッジ、LGYankees、MAY’S、Noaが遂にタッグを組み、総勢7名のスペシャルユニット「クリフエッジ& LGYankees &MAY’S & Noa」でアルバムをリリース。全アーティストによる新曲3曲に加え、各アーティスト名義でユニット選抜メンバーとコラボした新曲を収録。

    クリフエッジ、LGYankees、MAY'S、Noaが遂にタッグを組む!最初で最後の奇跡のユニット誕生!!最強の4カードが化学反応を起こす!かつて同レーベルに所属しながら、決して交わる事のなかった4組のアーティスト。クリフエッジ、LGYankees、MAY'S、Noaが遂にタッグを組み、総勢7名のスペシャルユニット!

  • 積水ハウスの3・4階建てCMソング 積水ハウスの歌「ぼくらの街バラードバージョン」

    • アルケミスト
    • 積水ハウスの3・4階建てCMソング 積水ハウスの歌「ぼくらの街バラードバージョン」
    • 配信専用

    積水ハウスのCMでお馴染のアルケミスト!こんやしょうたろう(vo. /作詞)と井尻慶太(pf. /作曲)の2人組ユニット。名前の由来はブラジルの作家、パウロ・コエーリョの小説『アルケミスト - 夢を旅した少年』のタイトルから来ている。 ライブの中で恒例となっている「即興のコーナー」では、観客から出された三つのお題を元に、その場で歌詞、メロディ、伴奏を作りあげ演奏する。日本テレビ系列「誰も知らない泣ける歌」でも、即興で歌を作る離れ業を披露し絶賛され、再出演を果たす。

  • ヤマハレディースオープンのテーマソング「I’ll wake up」を含む計13曲入り1st album!

    • ななみ
    • ななみ Mastered for iTunes
    • CRCP-40407

    1993年8月13日生まれ A型 大分県大分市出身 2013 年、ヤマハグループ主催のTh e 6 t h M usic Revo lut ion JAPAN FINALでは圧倒的な歌唱力で来場者を大いに魅了し、グランプリを獲得。地元大分での注目が集まる。その後、大分を中心に精力的に活動地元大分ではFM大分でのレギュラー番組、そして大分合同新聞での定期コラムなど、地元での活動も認知と共にますます広がっている。そして、全国への活動として。1 人でギターを持って全国各地でライブを行う『武者修行ライブ』や全国のライブイベントにも参加。2 0 1 3 年7 月にリリースしたインディーズ盤S g は、自身の出演したライブ会場での手売を中心に2000 枚を完売。そして、2014 年・10 月8 日、満を持してメジャーデビューが決定!!ななみが、今の日本の音楽シーンに『本格派シンガーソングライター』として旋風を巻き起こす!!

  • 2014年1月に初の作品を配信リリースした女性アーティスト「三上響子」が、2015年初の作品を配信限定でリリース。

    2014年1月に初の作品を配信リリースした女性アーティスト「三上響子」が、2015年初の作品を配信限定でリリース。現代の世の中で、仕事や人間関係など様々な問題で疲弊した主人公が、綺麗な透き通る青い湖を前にして、過去を振り返っていく。そして、その問題は自分で自分を縛りつけていたことに気付く。湖面の深い青さと同じように、自然に生きていくことで、心を解き放ち、人間の持つ可能性がさらに開かれていってほしいくというを思いを、三上の特徴である澄んだ歌声と癒し溢れるピアノアレンジで歌い上げる曲となっている。

  • 佐々木彩子の2年ぶりとなる第2作。今作は、普段からライブ活動を共にするメンバーを招いての録音。

    現在は屋久島に住む佐々木彩子(増岡彩子)は屋久島の大自然に囲まれて、歌いたいときに歌うだけの生活のようだが、年に数回は本土に出てきて音楽活動は細々と続けている。南正人氏の名曲「星空のタオ」含む全6曲入り。歌の表現力、曲の構成力が共にファーストアルバムよりも数段アップしている。前作では聞けなかった歌が全曲で聴ける。ハードなジャズ表現の中にやさしいメロディーが溶け込み、おおらかでのびやかな彼女の歌声が心地よく心に響いてくる。

  • 酒井俊がこの10年間歌い込んできたスタンダード曲を中心とした、ピアノトリオをバックに作り上げたバラード集。

    「満月の夕」を歌うにあたっての賛否両論の中、何年にも渡って毎夜歌い続け、2003年には「第45回日本レコード大賞企画賞」を受賞、数回に渡るNHKTVへの出演や連続ドラマへの挿入歌の提供等、活動範囲を拡げる。現在ベトナムでも活動中。

  • 大阪ミナミ400年祭 記念シングル!

    今年は芸能生活40周年! の嘉門達夫!フォークソングとラジオの深夜放送、大阪万博に多大な影響を受けて育つ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門。のちに破門。その後、ライブ活動を始める。「嘉門達夫」の名はサザンオールスターズ桑田佳祐氏の命名。

  • 現代に生きる全てのマイノリティに捧ぐ。不遇の天才が辿り着いた、前代未聞のリアル・ミュージック それでも世界が続くなら、アクシデントを乗り越え、ニューアルバムを5月にリリース。 初回限定盤は初のライブDVDとの2枚組。2013年9月メジャーデビューから僅か10ヶ月の間に、2枚のフルアルバムとシングル、ミニアルバムを連発。まるで生き急ぐかのような、怒涛のリリースを行ってきた孤高のロックバンド『それでも世界が続くなら』メジャー3作目のフルアルバムとなる今作は、ドラマー栗原が右手骨折という、活動休止寸前の危機的状況の中、骨折したままの片手でレコーディングに突入を決定。あえてバンドの危機感を一発同室録音で記録するという、前代未聞の作品となりました。ソングライターである篠塚が放つ独白とも言うべき圧倒的な言葉達は更に鋭さを増し、音楽的予定調和から逸脱した形で収められたサウンドと一体となって、他に類を見ないリアルさで聴き手を飲み込むでしょう。初回限定盤には2014年12月に行われたワンマンライブの映像を収めたDVDとの2枚組み仕様。ライブハウスになかなか足を運ぶことの出来ないユーザーにとっては待ち望んだ作品となっています。

    <MEMBER>篠塚将行(Vo & G) 菅澤 智史(G) 琢磨 章悟(B) 栗原 則雄(Dr)。2011年1月、現メンバーで“それでも世界が続くなら”としての活動を開始。2012年2月、1stアルバム『彼女の歌はきっと死なない』をタワーレコード限定で発売。(その後一般流通)たった1日で初回プレスがSOLD OUT。タワーレコード・インディーズチャート1位を獲得。オリコン・インディーズチャートでも最高位6位を記録。メディアでの露出が皆無に等しい状況下、口コミやネットで話題が広まりじわじわとセールスを伸ばす。2012年9月、前作から7ヶ月という短いタームで2ndアルバム『この世界を僕は許さない』をリリース。インディーズチャートのみならず、オリコン総合チャートでも88位にランクイン。全国のCDショップ店員やコアな音楽ユーザーの間に一気にその名が知れ渡る。2013年、水面下で幾多のアプローチがある中でマネージメントに㈱BAJ、レーベルとして日本クラウン㈱と契約を締結。6月に行われた名古屋SAKAE-SPRING のステージ上及び同日にオフィシャルHPでメジャー・デビュー決定を発表。直後から制作に突入していたアルバム「僕は君に武器を渡したい」で9月4日に満を持してメジャー・デビューを果たす。

  • 生まれも育ちも東京は三鷹、中学生の時に70年代フォークを吉祥寺で体験し、 現在も三鷹に住み吉祥寺に仕事場を持つ生粋の中央線人で、数々の音楽活動をしてきた マンガ家。

    地元・三鷹の伝説のラーメン屋「江ぐち」を歌ったその名も「江ぐちの歌」、宮内庁御用達?の「PRINCE」、昭和を懐かしむ「昔はよかった」等、久住昌之氏のマンガ同様にユーモアとペーソスに満ちた作品が、楽しく美しいメロディーに乗って展開されて行く。 大魔神のテーマならぬ「中魔人」、コマツの営業マンが唸って帰ったと言う「ショベルカー・ブルース」を含めて、彼の創る楽曲は『たま』『キヨシロー・バンド』『パスカルズ』を思い起こさせてくれて、心がジンワリと温かくなり、聴く人の顔がほころぶこと間違いなしです。

  • 大豆鼓ファームなどの舞踏集団の音楽を担当することで、頭角を現して来た若干 24才(当時)、佐々木彩子(ピアノ、ボーカル)の初リーダー作。

    独特なメロディーと、それにも増して独特なアレンジが見事で楽しく美しい。渋さ知らズのメンバーも多数参加。地底レコード社主が選ぶ、地底レコードのベストアルバム!!現在は屋久島に住む佐々木彩子(増岡彩子)は屋久島の大自然に囲まれて、歌いたいときに歌うだけの生活のようだが、年に数回は本土に出てきて音楽活動は細々と続けている。

  • 夢食いちぎり、白夜に狂え。

    日本のラウドロックバンド。その世界観は「アンチヒロイズム」で統一されており、激しさの中に儚さを想起させる楽曲、ピカレスク小説を彷彿とさせる歌詞、悪者然としながらもスタイリッシュなルックスが特徴である。